耳鳴りやめまいは難聴のサイン!?

耳鳴りやめまいに悩まされている方はもしかしたら難聴のサインかもしれません。

耳鳴りやめまいと難聴には深い関係があるのをご存知でしょうか?

耳鳴りやめまいといった症状の原因の一つに耳の異常があります。

大抵の場合は、休養や睡眠を取ることで症状が改善されていきますが、充分休息してもあまり症状が変わらない、頻繁に繰り返すという方の場合は一度専門医に相談されることをおすすめします。

耳鳴りとは!?

耳の奥の方で「キーン」や「ジーン」「ピーッ」といった不快な音を感じた経験はありませんか?

外部から聞こえてくるとは違い、大抵は左右どちらかの耳に急に起こり、耳鳴りがしている時は外部の音が聞こえない、聞こえにくいといった症状が現れるケースもあります。

これは耳の奥、内耳にある蝸牛という器官の異常を示すサインだと言われています。

具体的に、耳鳴りが起こる代表的な病気には

  • 難聴
  • 突発性難聴
  • 音響外傷
  • メニエール病

などが挙げられますが、正常な方でも耳鳴りは起るものですので「一時的なものですぐに収まった」という方の場合、特に問題はありません。

しかし、何度も繰り返したり、長期間続くようであれば一度、専門医に相談すると良いでしょう。

また、耳鳴りは疲労やストレス、生活習慣によっても起こりやすくなってしまいます。充分な睡眠、規則正しい生活習慣を心掛けることで解消されていくケースもありますので、ご自身の生活習慣、環境を見直してみると良いでしょう。

めまいとは!?

「身体がふわふわして気持ち悪い」「クラッとする」「周囲が回転する」など、こうした症状を経験されたことはありませんか?

感じ方はそれぞれですが、こうした症状を「めまい」といいます。

めまいの原因は主に「耳」や「脳」「精神的なもの」があり、その内の約70%は「耳」が原因のものだといわれています。

耳の奥には身体のバランスを保つ「三半規管」というものがあり、この三半規管が何らかの原因によって影響されることでめまいを引き起こしてしまうのです。

めまいが起こる病気には

  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 良性発作性頭位めまい症

などが挙げられます。

また、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れ、ストレスや生活習慣によって起るケースもあり、症状が一時的であればあまり気にする必要はありませんが、何度も繰り返す、長期間症状があるという方は一度、専門医へ相談することをおすすめします。

スポンサード リンク

このページの先頭へ